口臭が原因で娘に嫌われた!日本人の8割が陥るドブ臭い口臭の改善方法

「口臭」と聞いて、ドキッとした人もいるのではないでしょうか。
実は口臭について気にしたことがある人は多いもの。

日本歯科医師会が出した調査結果が非常に興味深い内容となっています。
なんと、日本人の8割が自分の口臭について不安感を抱いた経験がある、という結果が出ています!

8割もの人に「口臭注意報」が出ているということにもなりますよね…。

自分の口臭はどうなのかチェックする方法は?
タイプ別の臭い改善方法は?
など、気になる「口臭対策」についてお伝えしていこうと思います!

口臭がドブ臭い!その原因と、改善方法をご紹介!

口臭にはいくつかタイプがありますが、特に多いのが「どぶ臭」と表現されるタイプの臭い。
口からどぶのような臭いが発生してしまうのには、しっかり理由が存在します。
理由が分かれば改善方法も分かるもの。
2つセットでご紹介致します!

原因

自分の口が臭いのではないかと気になる…。
口臭を周りの人に指摘されてしまった…。
職場や友人に口臭のキツい人がいて、自分もそうじゃないかと気になってしまう…。
など、日常生活を送る上で口臭について考える機会は意外と多いもの。

そんな中で、「口がどぶ臭い」という表現を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

物が腐ったような、ツンと香ってくるような、なんとも言えないあの匂い。
下水管から漂ってくるような匂いが口から発生しているのであれば、かなりショックです。

口がどぶ臭くなってしまう原因は、口や喉から発生するガスにあります。
食べカスや細胞のカスなどのタンパク質を分解する際、必ず発生するのがこの口臭ガス。
これが発生し、周りに漂うことで「口臭」となって広がってしまうのです。

改善方法

口臭の改善方法は、実は複数あるんです。

まず思いつくのは、歯磨きの回数を増やす、デンタルフロスや歯間ブラシを利用する、ということ。
食べカスや細胞のカスを取り除くことで、臭いの発生源となるものを除去してく方法です。
ガムやマウスウォッシュでとりあえずの対策を打つことも手軽にできる対策の1つですね。

また、食生活や睡眠のリズムといった、生活習慣を見直すことから始める人もいます。
胃腸や肝臓、腸に負担がかかると、どうしても内臓からの臭いが発生してしまうもの。
ストレスが溜まると唾液が少なくなって上手く食べカスを分解できなくなることにより、口臭が増すなどといった危険性も発生します。
バランスのよい食事と、規則正しい睡眠で対策を打つことも可能でしょう。

他にも、口臭対策専用のグッズを使うのも効果的。
スプレータイプやタブレットタイプ、錠剤のように水と一緒に飲むサプリメントタイプなど、種類は様々。
口臭に効く、という効果を第一に研究されている商品が多く、口臭に悩む人にとっては力強い味方となります。

自分に合った口臭対策を見つけて改善していくというのが、綺麗な息への近道となりそうですね!

他にもある!生臭い・うんこ臭いなど臭いの種類別、原因と改善方法

口臭には、他にも色々なタイプがあります。
どんな臭いをしているかによって、それぞれ原因は違うもの。
5タイプそれぞれの原因と、改善方法をご紹介致します!

腐敗臭

腐った卵のような臭い、と言われることもあるこのタイプの口臭。
夏場の生ごみの臭いを思い出させる、非常に不快な臭いです。
この臭いのタイプの原因と改善方法は何でしょうか?

原因

腐った卵のような匂い、と言われることもあるこのタイプの口臭。
食べ物の消化が進まず、胃や喉の奥で異常発酵してしまうことが原因で起こります。
異常発酵により、「硫化水素」という臭いの原因となるガスが発生してしまうのがポイント。
温泉に含まれる硫黄の臭いなどで有名ですよね。
口ではなく胃から漂う臭いのため、どれだけ歯磨きを丁寧にやってもなかなか解決せず、口臭が長期化しやすいのが悩みどころです。

改善方法

消化不良が原因なので、食事スタイルを見直すのが何よりの近道!
特に、寝ている最中は胃の消化機能も落ちるもの。
就寝の2時間前には食事を終えるようにして、胃の中が食べ物でいっぱいな状態のまま寝てしまわないようにするのがポイントです。
他にも、しっかり噛んでから飲み込むことが大事。
野菜や緑黄色印象を多く摂り、胃に優しい生活を心がけることが重要です。

血生臭いにおい

少し血の混ざったような、鉄が温まったような臭いがする場合は要注意!
お口の中の病気を疑ってみる必要があるかもしれません。
この臭いのタイプの原因と改善方法は何でしょうか?

原因

少し血の混ざったような、鉄が温まったような臭いがする場合は要注意!
口内炎や歯周炎、歯周病など、口の中に病気が潜んでいる可能性が高いです。
軽く歯磨きをしただけで、歯茎から出血してしまうような場合はこれに当たるかもしれません。
歯周病患者さんのお口の中に特に多いのが、「メチルメルカプタン」というガス。
揮発性硫黄ガスの1種であり、臭いの発生の元となっています。

改善方法

1にも2にも、「メチルメルカプタン」を減らしていくのがベスト。
歯垢や歯石の除去、歯周病ケアをしていくのが一番です。
歯科医院に相談し、専門家の手を借りて対策を打っていきましょう。
「メチルメルカプタン」は歯周病によって発生するものではありますが、歯周病を更に進行させる効果があるところも悩みの種。
あまり放置しておくと、歯周病が歯槽膿漏にまで進行してしまうことも。
早期の対策が必要です!

アンモニアのようなにおい

おしっこのような、トイレのような、ツンと臭ってくるタイプの口臭。
不潔な感じがして、とても嫌な臭いですよね…。
この臭いのタイプの原因と改善方法は何でしょうか?

原因

アンモニア臭がかなり強くようであれば、腎疾患や尿毒症を疑ってみてもいいかもしれません。
口臭だけでなく、おしっこのアンモニア臭も強いようであれば更に注意。
肝機能の低下によって毒素の分解が正常通り行われなくなることが原因です。
腸内細菌が食べ物を分解する際必ずアンモニアは発生しますが、通常ならばこれは体内に吸収され、肝臓で解毒されるはずのもの。
肝臓が弱っていたり、肝臓を通る周辺の血液が上手く流れていなかったりするようだと、このアンモニアが解毒されず、血液中のアンモニア割合が高まってしまいます。
そうして体内を循環したアンモニアが肺を通って呼気となって出てきてしまうんですね。

改善方法

肝臓の働きを助けるためのビタミンを摂取するのが基本。
うなぎ・卵黄・レバーに多く含まれるビタミンAや、ピーマン・人参・ほうれん草に多く含まれるカロテンを意識するのがポイント。
反対に、油物やアルコールは適量を心がけるように意識を。
揚げ物やラーメン、ビールなどは肝臓だけでなく胃腸にも負担をかけてしまいます。
口臭以外にも不調がきているようであれば、早めにかかりつけ医へ相談を!

うんち・オナラのようなにおい

オナラをしていないのに、オナラ臭を感じることが多いのであれば口臭を疑ってみた方がいいかも。
まさか!?と思うかもしれませんが、口から便臭がしてしまうこともあるんです。
この臭いのタイプの原因と改善方法は何でしょうか?

原因

便秘など、腸の問題がある場合にこのような臭いがすることが多いです。
腸に溜まった排泄物から発生したガスが、血液を通して体内を循環し、臭いの元となっているのです。
大腸の筋肉が弱まって便秘になっている場合と、ストレスや冷えが原因の場合、便を我慢する癖がついてしまっていてなかなか排泄しづらくなっている場合と、3種類に分けられます。
まずは腸を労り、負担をかけないようにするのが一番です。

改善方法

大事なのは、便を腸内に溜めないこと。
こまめにトイレに行くのは必須です。
その他、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を殖やす方法が効果的。
食物繊維やオリゴ糖を意識して取り入れ、冷たい飲み物よりは暖かいもしくはぬるめの飲み物を選ぶようにしましょう。
夏場など、どうしても冷たいものが飲みたい…という場合には、炭酸水がおススメ。
炭酸水に含まれる二酸化炭素は、便を柔らかくする効果もあるので一石二鳥です。

酸っぱいにおい

胃酸が上がってきているような、ツンとした香り。
具合が悪いわけでもないのにこの香りがする人は警戒しておいた方がいいかも。
この臭いのタイプの原因と改善方法は何でしょうか?

原因

体が必要としている栄養素が十分に得られていないことが考えられます。
具体的には、炭水化物やたんぱく質。
体を動かすための大事な栄養素である炭水化物やたんぱく質が不足すると、中性脂肪が燃焼していきます。
この脂肪が燃焼すると、臭いの元となる「ジメチルサルファイド」というガスに変化してしまうのです。
腸内腐敗臭、腸内腐敗ガス、と呼ばれることもあるくらい、腸内環境と密接に関わり合っているガスなんですよね。
特に、食事制限をしている人に多い傾向。
無理に間違ったダイエットをしている人は特に注意です。

改善方法

炭水化物やたんぱく質を分解する際に口臭の原因となるガスが発生するのは事実。
でもそれを恐れるがあまり、健康を害しては本末転倒です。
バランスのいい食事を心がけ、お口についた汚れはきっちり落とす、もしくは汚れが定着しづらくする、というのが正解。
どうしてもダイエットを頑張りたい…!という人には、摂るたんぱく質の質を変えてみるのがおススメです。
動物性たんぱく質よりも、植物性たんぱく質を重視してみるといいかもしれません。
肉、魚、卵よりは、米、小麦、大豆を多めに、ということですね!

口臭いがキツい人とキツくない人の違いとは?

口臭いがキツい人とキツくない人の違いとは?
口臭の原因となるガスは、実はどんな人にでも発生しています。
どんなに気をつけていても、それこそ歯科医院の先生であっても、必ず口臭の原因菌は保有しているものなのです。

では、口臭がキツい人と、キツくない人の違いはどこにあるのでしょうか?

まず、常日頃からの対策の差。
歯磨きや歯間ブラシ等で対策している人は、汚れがついてもすぐに落とす癖がついています。
口の中の汚れが歯石となって定着してしまったりしていると、素人で除去するのはほぼ不可能。
そうなる前に、汚れが柔らかくすぐ落とせる段階で落としきってしまうのがポイント。
普段からの予防が大事ですね。

次に、生活習慣の差。
特に内臓の不調が原因となっている口臭には、生活習慣が非常に影響してきます。
暴飲暴食、タバコ、夜更かし、深夜のドカ食い、野菜を摂らない、ストレスが溜まっている、コーヒーを大量に飲む癖がある…。
など、心当たりはありませんか?
口臭の原因は、体のあちこちから発生するガス。
つまり、胃腸や肝臓、腎臓など、内蔵機能に不調があるとどうしても口臭が強くなってしまいがちということ。
口臭イコール歯や舌の問題、と考えず、体のトータルコントロールが必要です。

更に、加齢の問題もあります。
どうしても唾液の分泌量が下がってくると、口臭が強くなってしまうもの。
加齢と共に、唾液の量は少なくなってきてしまいます。
唾液の量が少なくなると口腔内の汚れを分解する機能が下がってしまうし、口の中が乾燥してガスが漂いやすくなってしまうなど問題が起きやすくなってしまうのです。
定期的に喉を潤す、口臭ケアグッズを使う、といったことが効果的。
唾液の働きを助け、乾燥を防ぐのが何よりのポイントです。

最後に、病気があるかどうか。
口の中の病気は、口臭の元。
虫歯や歯周炎など、自覚がなくても意外と進行している病気は多いものです。
他にも、口腔内に限らず内臓系の病気を疑ってみるのも大切。
普段の健康診断や人間ドッグで“要経過観察“以上の結果が出ているのであれば、詳しくかかりつけ医に診てもらうのも手です。
口臭は体全体のヘルスメーターと言われるくらい、全身の影響を受けてしまうもの。
口臭対策だけでなく、他の部位の治療が必要なケースもあるので要注意です!

今すぐチェック!口臭のチェック方法5選

色々な臭いと、それに合った対策方法があるのは分かったけど…。
実際に、自分がどれに当てはまるのかというのはなかなか分かりづらいですよね。
そもそも、口臭がどれくらい強いのかも気づきにくいもの。
この項目では、口臭をセルフチェックできる方法をお伝えしていきます!

口臭外来で診断してもらう

最も手っ取り早いのは、病院で診断してもらうこと。
とはいえ、口臭を相談するのは何科にかかればいいの…?と迷ってしまうことがありますよね。
そんな時は、お住まいの地域にある口臭外来をチェック!
口臭専門の病院なら同じ悩みで通院している人が多いので、恥ずかしがらずに話せます。
最近は個室での診察やお薬の院内処方をしている病院も多く、初診の人の心理的ハードルが下がってきているの嬉しいポイント。
無理なく通える範囲に病院があるのであれば、思い切って相談してみるのがいいでしょう。

手を舐めてみて唾液の臭いをかぐ

まずは簡単なセルフチェックから、ということであればこの方法がおススメ。
器具や準備が要らないので、気になった時にサッと出来ちゃいます。
舌の上や、歯と歯茎の間の溝部分を触ってみて、少し経ってから嗅いでみるのがポイント。
誰でも多少唾液は臭うものですが、明らかに気になる臭いだったら要注意。
臭い唾液の場合、口の乾燥と共に気化して口臭の原因となってしまいます!

フロスや歯間ブラシを使って歯/歯ぐきのにおいをかぐ

セルフチェックだけでなく、口腔内のお掃除としても有効なのがこの方法。
普段の歯磨きに加えて、フロスや歯間ブラシを是非使ってみてください。
使い終わった後、少し臭いを嗅いでみてチェックすると一石二鳥。
唾液の臭い同様、これが非常に臭うというのであれば口臭の強さを疑った方がいいかも。
歯垢や歯石から臭いが発生しているケースもあるので、歯の汚れ落としはとても重要です!

舌の色をチェック

歯や歯茎以外にも、意外と汚れや臭いがつきやすいのが「舌」。
健康的な舌の色をしているかどうかで、口臭チェックが出来るケースもあります。
基本的には、ピンクや赤味がかかった色であればOK。
白っぽい、黄色みが強い、という場合は舌が口臭の原因となっていることが考えられます。
舌が白や黄色になる原因は“舌苔”にあります。
口腔内に残った最近が苔のようになり、定着してしまっているのが原因。
歯磨きだけではなく、舌磨きをするなどの対策が必要です。

口臭チェッカーで計測する

最近は口臭チェッカーが安価で市販されているので、試してみるのもいいかもしれません。
一度「自分の口臭がキツいのでは…?」と思ってしまうと、何度セルフチェックしても臭いのか臭くないのか分からなくなってしまいがち。
口臭チェッカーを使えば、臭いの強さが数値で出るので客観的な判断が可能となります。
これで数値が低ければ少し安心できますし、数値が高く出れば本格的に対策をしよう!と背中を押してくれる効果もありそうですね。
歯科医院や口臭外来に置いてあるものと多少精度は異なりますので、参考程度にどうぞ!

口臭が89%改善!おすすめ口臭ケア

悩ましい口臭問題。
欲を言うなら、手間暇をかけずにセルフケアで済むのであれば、理想ですよね。
実は、口臭ケアグッズはかなり多数販売されているのをご存知でしたか?

スプレータイプ、タブレットタイプ、錠剤タイプなど形は様々。
効果や長続きする時間もそれぞれ違います。

「口臭の原因を根本的に除去してくれるものはないだろうか…」
「普段の対策に加えて、手軽にもう1つ手を打ちたい…」
という方々へ、朗報!

とっておきの商品をご紹介致します!

オーラクリスタ―・ゼロ

スバリ、1つで4役果たしてくれる、オーラルクリスター・ゼロがおススメ!

まず1つ目に、1プッシュで口臭の原因となる菌を99.9%殺菌・除去してくれる効果が!
硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドを殺菌してくれます。
しっかり殺菌実験も行っていて、効果はバツグン!
臭いの元をダイレクトに消してくれるので、手っ取り早いし効果的です。

2つ目に、お口の病気を予防してくれる効果までついています!
歯周病、虫歯、歯肉炎など、心配なお口トラブルは多いもの。
オーラルクリスター・ゼロは薬用成分配合なので、こうしたお口トラブルの予防としても使えます。
歯や歯茎トラブルは、口臭と密接に関わるもの。
既に病気がある人は歯科医院での対策も必要ですが、そうでない方、治療後の方が予防として使うには最適の商品です!

3つ目に、お口環境を長く整える効果もあるんです!
しつこい臭いにダイレクトに効く、コントロール成分を配合しているんですね。
ドクダミエキス、お茶エキス、トウモロコシから取れるトウキエキスなどを贅沢に使用。
殺菌・除菌するだけでなく、口腔内を自然環境に近い状態で維持できるよう配慮されています。
健康的なお口でいることは、口臭予防の大切なポイント。
痒いとこにまで手が届くような商品なのはとても嬉しいですよね!

こうした商品そのものの成分効果以外にも、使いやすいポイントはたくさん!

持ち運びが便利、というのもそのポイントの1つです。
小さいスプレーなので、鞄やポーチの中にもすっぽり。
ポケットの中にも入ってしまうくらいの小型サイズなので、かさばらないようになっています。
常に持ち歩いておけば、急な打ち合わせやデートがあっても安心できますよね!

加えて、長続きしやすいのも特徴です。
自分のためのケアって、どうしても三日坊主になってしまいがち。
途中で面倒になってしまって、そういえばいつの間にか使わなくなっていた…というアイテム、実は結構多いのではないでしょうか。
その原因として当てはまるのは、「手間がかかる」から。
オーラルクリスター・ゼロは、1プッシュで完了できるスプレータイプなので、面倒な手間一切なし!
トイレに行ったタイミングや化粧直しのタイミングでササッとできちゃうので、時間もかからないのがありがたいですよね。

他にも大事なのが、即効性。
使ってすぐ爽やかな香りが広がるので、時間がない時にも最適です。
ガムのように、ずっと噛んでいないといけない…
マウスウォッシュのように、洗面台がないと使えない…
ということもありません!
わずか1秒でお口ケアが完了するので、何かの“ついで”に行うことが出来ちゃいます。

ネットでの口コミをのぞくと、使った後の気分の変化を参考にすることができます。
「人と近い距離で話すのが怖くなくなった」
「目を合わせてしっかり話せるようになったので、仕事がしやすくなった」
「笑顔に自信が持てるようになった。接客業の人には特におススメ!」
「子供から、パパの口って臭い…と言われてショックだったが、それがなくなった!」
など、効果を実感している口コミがとても多いんです。

自分の口臭が強いと知った瞬間は、やっぱりショックなもの。
でも正しいケアで口臭を防ぐことが出来るなら、こうした心配事もなくなりますよね!

オーラルクリスター・ゼロなら、臭いの原因菌を殺菌し、お口の中の健康を整えるというところまでやってくれちゃいます!

汚れのつきにくい、臭いが発生しづらいお口を作るために、とても効果的なんですね!

まとめ:口臭がどぶ臭い人は今すぐ改善!怖い病気が隠れている

口臭が臭う原因は、色々あることが分かっていただけたでしょうか?

単純に歯や舌が汚れているというだけなのであれば、歯科医院でケアしてもらうことで解決が可能です。
でも心配なのは、怖い病気が隠れていた場合。
虫歯、歯槽膿漏、歯肉炎といった口腔内の病気が考えられます。
それ以外にも、腎疾患や尿毒症、肝硬変など、内臓の病気が口臭に影響するケースもあるんですね…!

口臭がキツいとどうしても恥ずかしく思ってしまいますが、自分の健康を見直す大切なきっかけとして捉えましょう!

セルフケアや病院の診察を上手く組み合わせて、どぶ臭い口臭とサヨウナラできるといいですね!